スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007  試練(験?)の 巻

2007年01月14日 01:53

試練・・・という程オーバーな事ではありませんが・・・
特に我が家の長女、な~んの緊張感も心の張りも見せずに「受験」当日を迎えそして見事に!玉砕した模様・・・
可哀相に?母がもっと早い時期に「県内初中高一貫教育」なるものに気付いていたらもう少し時間を掛けて、受験勉強も出来たでしょうに。
何せ10月から対応し始めたんですから・・・ある意味「無謀」!!
が、公立中学の入試ゆえ「学科試験」という形ではなく、あくまで「適性検査」。日常の生活に学科の勉強を、どう自分で繋げるか・・・という事が重要らしい。11年~12年間今までの過ごして来た時間の全てを駆使し考え、如何なる事にも「自分なり」の考えを明確に示し、また何らかの「問題」が起きた場合全ての総合的な知識で解決する方法を、「自分」の言葉で表現する・・・という正しく「適性検査」

以下は彼女が、練習問題としてやっていたモノの一部デス。
IMG_0007-1.jpg
これは社会性かな?
IMG-02.jpg
単純な料理から、材料→安全性→家庭での役割という風に広げて考える必要がある例題?
-1.jpg
-01.jpg
こういった問題の他には(ある場所で受講した模擬試験の時など)、点字表の問題、マレーシアの木には「年輪」がなく日本の木にはあるのは何故か?→気候の違い→地球温暖化→環境問題へと発展させるなどなど・・・。
我が家の長女の様に春から秋は冬眠しちゃってる?!みたいな「ボォーー」と過ごしてる人には凡そ無理な話し(笑)
!cid_A0002.jpg
全てを終えて出て来た彼女に「どうだった?」と尋ねたら案の定「書けなかった」と。これは適性検査2の方の事で、設問に対して原稿用紙1枚程度の文章を書く、所謂「作文」です。
「化学・科学」という表現に惑わされて(ノーベル賞とか!にも)、そこから広がらなかったらしいデス。
‘あなたにとって科学・化学とはどんなことでしょう?’と・・・
単純に理科に繋げて広げられれば良かったのに・・・。
で、終わって言った言葉は「今夜スキー行く?」ビックリ!!そんなもんだわね・・・ハァ~ア・・・
親だって彼女の事言えないんですが・・・実は試験が終わるまで家に戻るには中途半端ゆえ、千葉でディズニー映画「ライアンを探せ!」を観てました(爆)男女併せて1000人は受けたかな???募集人員は男子40人女子40人の計80にーーーんですもの。
来週からは「心置きなく滑る」そうです。
って今までだってそうだったじゃん!

続きに「適性検査」の大まかな意味合いの文章を・・・
IMG_0003.jpg
という事の様です。
でも、結局は「塾」側が、毎年対応策を練り合格者を1人でも多く出そう!と、凌ぎを削る訳ですから・・・どこまでの人間性かは答案用紙だけではやはり判断出来ないのでは???
今日も観光団体?かと見間違う光景・・・
有名進学塾の講師が塾の名前の「旗」を持ち!自分の塾生を引率し、正門で見送ってましたデス。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。